×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1/24スケールいろいろ


オオタキ

オオタキ最後の新金型となったR30。フロントがのっぺりとしている。

流通数が少なかったようで、一度しか店頭で見かけたことが無い。

ドレスアップ仕様は無く、ノーマルだけだったようだ。


ニチモ

初版は、2体の人形つき。二版では、ボディがブラックになり、RSターボになった。

同時に純正マグネシュームホイールがついた。

三版はホワイトボディで純正ホイールは無くなった。

まずまずの出来だったと記憶している。


アオシマ

アオシマ初のR30は定価五百円のノーマル仕様前期だった。

それが、「西部警察」マシンRSに金型改修されることになる。

鉄仮面は完全新金型で初版は、エンジン付きだった。ノーマルの他、写真のエアクリーナーが飛び出た仕様があった。

シルエットは、通常の仕様の他、実車には無いプラックボディのスピード競技用も存在した。


フジミ

 

フジミのキットはラインナップは多かったものの、出来は、史上最悪、といえた。

前期はRSとGTがあり、それぞれ、ノーマル、シャコタン、ホッドロットがラインナップされた。

RSターボもキット化されたが、こちらは、フェンダースポイラー、赤黒、メッシュホイールの「西部警察」もどきだった。

後期のGTはフジミだけのキット化だったが、内容は、最悪。

写真の鉄仮面GTRは実車に存在しないものだが、箱絵自体はカッコよかった。


ニットウ



以外に出来の良い日東のR30。GTも発売予定だったが、発売はRSのみだった。

RSターボはオートピスタのフルエアロ仕様となった。

同じシリーズの他車が架空のエアロをまとっていたのに対し、R30は実在するものだった。


グンゼ

青島のシルエットがいやになるほど、再販を繰り返しているのに対して、グンゼのGr5はまったくなし。

それだけに貴重ではある。コレクターアイテム化しているだけに希少ながら現存率は高いようだ。


 

R30ルームへ戻る

ホームへ戻る